*

「 徳島 」 一覧

live to go 暮らす×旅する

”live to go” NPOてヲとるの今年のスローガン NPOてヲとるとして、東京と

災害サバイバル〜情報が要

物資や設備が充実してるので自力で何とかできる都会での被災と違い、田舎ではインフラが弱い上に、行政は頼

あの山は動いている2 中央構造線と地震

昨晩は、風が強く、物音に敏感になってたせいか、眠れなかった。熊本や大分の人たちはその比ではないくらい

あの山は動いている〜中央構造線と地震

熊本の地震、活断層での地震。日本列島が形成されたときにできた、中央構造線の大きな活断層は、ウマバの足

お茶と同情 Tea and Sympathy KISSA.CO一(はじめ)

  2016/03/25   2016/04/07   , , , , , , , , ,

アートもライフスタイルも、センスが合わない、わからない、は構わないが、分からないからといってそれをム

怪し、美味し、楽し、神山スキーランドホテル

  2016/03/19   2016/03/20   , , , ,

四国は、内海(瀬戸内)と外海(太平洋)に挟まれ、中央には山がそびえ、大きく澄んだ河があり、そのまわり

さぬきや(三好市) さぬきじゃないけど・・

  2016/03/16    食う , , ,

三好市でランチでいいとこない?って聞かれたら、即答で「さぬきや」と応える。 と言っても、ずばぬけて抜

ウマバー(いち)ー(はじめ)vol.1 2014年2月、最初の1週間

ウマバー(いち)プロジェクトを一(はじめ)たのは、2014年、ちょうど一昨年の今頃から。ブログもして

どついたるねん!とパンツ(UB1イベント告知!)

どいつたるねん…GROOVYなソウルがUB1にくる 今度の金曜にUB1の体育館をつかってやる”どつい

四国(のまんなかの上)、雪とパンケーキ、蕎麦、ビール、風呂

さ、寒いです、2月のウマバ。春一番が一転、雪一色。 朝起きたら昨日との気温差11度って、ここは砂漠か

四国、春一番とパンケーキ

  2016/02/14    , ,

あ、あたたかいです、2月のウマバ。早くも春一番が吹いてます。 朝起きたら、生ぬるい空気。一瞬何か尋常

ヘブン級の心地よさ、ウマバ

  2016/02/10    日々徒然 , , ,

徳島市内で用事をこなしてウマバに帰ると・・ほっとする。街では新しい出会いの場所としては必須。神山のよ

過去と未来(人口減)に向き合う〜三好市地域創生パブコメ2

  2016/02/04   2016/02/08   地域創造 , ,

地域創生を外国人に説明しようとしてちょっと英訳を調べてたんだけど、ニューズウィークが紹介したregi

(何度目かの)地方創生・・(今回は)大丈夫?

クローズアップ現代特集で「小さな島の大きな決断 ~地方創生の現場から~」というテーマでやっていたらし

うどん、フードファイター! Where to fight w/”SANUKI UDON”

  2016/01/16   2016/01/17   食う , , ,

香川といえばうどん、糖尿病になろうが、高血圧になろうが香川の人たちはフードファイターのごとくうどんを

月影のパラノイヤ〜地方は進むも退くも自分次第で

ウマバはいつでも美しい。山と空しかないから美しいとも言える。来た当初の月明かりの夜、自分の影ができて

四国のカレー探訪徳島編 サラサラCafeBoosan 

  2015/12/16   2016/01/21   食う , ,

カレーが好きだ。3度の飯がカレーでもいいくらい好きだ。それも日本のカレーが好きだ。日本人のセンスで作

no image
天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録(真鍋 厚)

日本人もイスラム原理主義的な行動をしていた史実。 復古主義的な昨今にも同じ臭がする。 インバウンド消

no image
国会の質問時間「野党長すぎ」日本だけ? 「8対2」他の国でも… – withnews(ウィズニュース)

民主主義って少数意見の尊重も基本だと習いました。 三権分立も怪しい運用の今、憲法改正するなら国民によ

no image
「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモ:朝日新聞デジタル

若者が社会に関心を持って、デモしていること自体に批判する人たちが多いことには、日本の民主主義が根付い

ヨーグルトの木

ヨーグルトの木。 ムーミン谷にありそうな、メルヘンな響きだが、ホントにある。 ブルガリアヨーグルトで

no image
京都市立芸術大学学長の新入生祝辞が素晴らしい!

僕たちには”価値を自ら生み出す”ことに人生をかけたほうがいい。  太平洋戦争の終焉からおよそ半世紀後