*

てヲとるラボってこういうこと

      2017/01/04

14591658_688025981345205_931077699209734901_n
てヲとるラボ・・って何?って、いまだに聞かれるのでご説明しよう。

てヲとるラボ
社会のちょっと困ったを、生活者とクリエイタ、当事者が一緒になって、モノ・コトづくりを通じて、ちょっとだけ(=無理せず)解決するソーシャルラボです。そのときとっても大事なことは、声なき当事者”自然環境(地球)や動植物”の声なき声にも耳を傾けることです。
モノ・コトづくりに縁遠かった市民自身がモノ・コトづくりの当事者になり、消費するだけの人側から創造する人側に回ることによって、社会の課題に関わりながら、生活が豊かになることを目指してます。

情報源: てヲとるラボ teotorulab
別に難しいことじゃないんだけど、作り手と生活者がそれぞれ自分視点しか持てない(=てヲとってない)せいかちゃんと理解されていない気のする。
ま、共感できる人だけ限定なので、ムリに理解する必要はない。
そう、品質が良くて安けりゃいいという消費な人と、イメージと誤魔化しでモノを売ろうとする人たちには関係ない世界です。

てヲとる練り物

これがわかりにくいのかな?とたまに思うが、そもそも理解しようとしてない気もするのだが・・・、今具体的に進めているてヲとるラボプロジェクトのうち「練り物」をテーマにしたもので説明すると以下の通り。
てヲとる練り物プロジェクトは、四国の魚を使った練り物プロジェクト、まずは、過去ブログ「てヲとるラボ 海」をみてから読んでみてください。

社会の課題(社会のちょっと困った)

  • 漁協の規格外あるいは市場では売れない雑魚の価値化
  • 練り物工場の設備の稼働率アップ
  • ブランドイメージは瀬戸内産でも、練り物の原材料に地元の魚が少ないあるいは入っていない
  • 練り物に添加物が多い
  • 瀬戸内の海洋資源枯渇

モノ・コトづくりを通じて、ちょっとだけ解決

  • 地元の漁協と練り物工場を繋げる(今まで取引実績なし)
  • 設備の稼働率を上げる
  • 地元産の旬の魚をメインの材料にだ練り物を添加物なしで作る
  • プロ・アマ問わずの料理家が練り物を材料に新しいレシピや製品を作ることによって、供給されるだけだった消費者が、積極的に自分たちのほしい製品を一緒になって開発する

テーマを決定した後のスキームは単純で、課題の洗い出し>なんちゃって専門家を中心にモノ・コトづくりラボワークショップを開催>情報は、作り手(クリエイタ)、生活者(市民)、工場等ステークホルダーの間で、オン・オフラインのサロンによって共有され、モノ・コトづくりを時間をかけ、ブラッシュアップしていく>
製品あるいはサービスは、すべての過程とコストを明らかにして、適正な経済的利益をそれぞれのステークホルダーが確保する。

日ノ本ハーブ石鹸サロン

新年早々開く、日ノ本ハーブ石鹸サロンで説明すると・・・

社会の課題(社会のちょっと困った)

  • 未活用資源たる森
  • 森と人々の生活が離れている
  • アロマには天然を謳いつつ合成だったり、ブランドに頼りすぎて、成分や由来が不明。

モノ・コトづくりを通じて、ちょっとだけ解決

  • 森の植生を調査し、香という視点で活用できる木を探す
  • 森に入る楽しい理由を見つける
  • 皮膚のデリケートな人向けの石鹸を自分で加減しながら作ることができる
  • プロ・アマ問わずの森の材料から、製品を作ることによって、供給されるだけだった消費者が、積極的に自分たちのほしい製品を一緒になって開発する

2月には、ラボワークショップとして「白き大地の香りー(はじめ)ブートキャンプ」を開催します。
なんかわかんないけど面白そうだと思う人はご参加を。

てヲとるラボ 白き大地の香りー(はじめ)ブートキャンプ
地域社会のちょっと困ったを、クリエイタと一緒に解決し、ちょっと楽しいに変えていく、てヲとるソーシャルプロジェクトを一(はじめ)ます。第一弾はUB1ウマバーのある白地地区で一(はじめ)る”Terra Bianca※(イタリア語で白き大地)”プロジェクト。
放置された白地の山を探索し、山の財でアロマを抽出する「白き大地の香り Terra Bianca」 を始めます。まずは、間伐された檜材や採ってきた山の財を使ってアロマオイルを抽出してみましょう。
参加費はUB1ウマバーの宿泊料金込です。

初日は、山に入り、山の香りを探索します。夜は、山の香り素材、つまり主に木を使った料理と酒でブレスト。
ヒノキやクロモジはもちろん、他にもいろいろ探索できればいいですね。
その夜は採ってきた山の財を蒸留しながら、酒と食事(別料金あるいは持ち寄り)。
二日目は、自由参加で取れたアロマオイルとフローラルウォーターで石鹸作り(材料等別料金)も予定してます。

日時;2月18日(土)12時〜19日(日)15時(1泊)
参加費(宿泊費込):3500円(てヲとる会員割引500円)

情報源: 白き大地の香りー(はじめ)ブートキャンプ

 -マインドフルネス, , , , ,

  関連記事

no image

Herbal Bath Therapy〜クリエイティブな湯治

粟島でのひとノま作りと古民家大掃除で重いものを運んだせいか、腰に来た。 当日はそうでもなかったが、2

朝萌(あさもえ)、夕萌(ゆうもえ)企画中。

最近手伝ってくれている萌(もえ)ちゃんは、気功もお得意。 去年やっていたムーンヨガの流れを活かして、

山城で座禅&精進料理

阿波踊りもリオオリンピックも寝てる間に過ぎ、すっかり世捨な気分の今日このごろ、皆さんいかがお過ごしで

no image

セイタカアワダチソウ 旬のアロマ

旬のアロマ アロマにも旬という概念を取り入れてみるのはいいのじゃないかな?と思いつき。 そんなことを

コメントを残す

no image
天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録(真鍋 厚)

日本人もイスラム原理主義的な行動をしていた史実。 復古主義的な昨今にも同じ臭がする。 インバウンド消

no image
国会の質問時間「野党長すぎ」日本だけ? 「8対2」他の国でも… – withnews(ウィズニュース)

民主主義って少数意見の尊重も基本だと習いました。 三権分立も怪しい運用の今、憲法改正するなら国民によ

no image
「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモ:朝日新聞デジタル

若者が社会に関心を持って、デモしていること自体に批判する人たちが多いことには、日本の民主主義が根付い

ヨーグルトの木

ヨーグルトの木。 ムーミン谷にありそうな、メルヘンな響きだが、ホントにある。 ブルガリアヨーグルトで

no image
京都市立芸術大学学長の新入生祝辞が素晴らしい!

僕たちには”価値を自ら生み出す”ことに人生をかけたほうがいい。  太平洋戦争の終焉からおよそ半世紀後