*

セイタカアワダチソウ 旬のアロマ

      2016/11/18

旬のアロマ

アロマにも旬という概念を取り入れてみるのはいいのじゃないかな?と思いつき。
そんなことを考えている先人が居るかと、ググってみてもどうやらいない。
旬のアロマで記事がひとつあったが、旬=流行り、の意味で使っていたから、ちょっと違う。

田舎にいると、季節季節にとれる食材があり、暑いときには体を冷まし、寒いときには体をあたため、うまい具合にカラダを自然と調整してくれ、栄養価も高いので、医食同源を実感できる。
食の観点だけじゃなく、香りの観点でも、そこに意味があるんじゃないか?と思う。

 

お肌スベスベ、セイタカアワダチソウのお風呂はいかが?

寒くなってきた今日このごろ、セイタカアワダチソウの黄色い花が目立つ時期。
蜜蜂の花として、あるいは鑑賞用として日本に持ち込まれた外来植物。
根から植物の成長を抑える化学物質がでて、他を圧倒し自分の種を増やしていく。
他を圧倒する戦略、”アレロパシー”を取る植物は多いらしい。

アレロパシー(英語: Allelopathy)とは、ある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果の総称。

繁殖しすぎるとその科学物資が自分をも滅ぼすらしい。
何だか平家物語のような哀れさも感じるが、それがアトピーに効く(らしい)。
それも、蕾がいいらしい。
アレロパシー効果なら根っこじゃないの?とか思いつつ・・。

先日、地元のアロマテラピストである寺尾さんが来て、セイタカアワダチソウを乾燥させたものを煮出したあと、1日ほどおいたスープをジャーに入れて持ってきた。
入浴剤としてバスタブに流し、その後強い水流に当てるとブクブクと泡が立ち、それはまさに”泡立ち草”の名の通り。

旬の日ノ本ハーブワークショップ

ウマバの山で日ノ本(和製)ハーブを探して、活用するワークショップをふたつご案内。
harb

  • 11月21日(月) 9時〜13時くらいまで
    ウマバの山には、旬の日ノ本ハーブがいっぱい。
    野草博士の佐藤先生を伴い、ウマバの植生を調べてもらいます。
    第一目標としては、クロモジ探し。
    飲んでよし、塗ってよし、お風呂に入れればお肌ツルツル。
    参加には、野草の会の会費として500円必要です。
    山にはいることのできる格好をしてきてください(山歩きシューズ、長袖、長ズボン、携帯水等々)。
  • 11月27日(日) 14時〜16時
    旬の日ノ本ハーブで石鹸作り
    季節には季節の野草があり、季節には季節に必要な効能があり、自然はそれぞれ相互的にそれを利用し、循環と調和が取れているのです。四国の真ん中、徳島県三好市池田町でアロマセラピストをしております寺尾和代です。
    今回ウマバ1さんで薬草石鹸作りをします。
    ◆参加費 4000円になります。
    どの薬草を使うのかはまだ決まっていませんが、敏感肌用にびわ、よもぎ、ドクダミなどは用意しております。21日に池田薬草研究会の方々がウマバの山の薬草を探して下さるので、それも使うかも知れません(^^)当日の持ち物をお知らせ致します。エプロン、ゴム手袋、メガネ、マスク、新聞紙、持ち帰り用バック、タオル作って頂いた石鹸は保温しながらお持ち帰りして頂く様になります。

 

お申込みはリンク先のFacebookページにて。

 -マインドフルネス, , ,

  関連記事

朝萌(あさもえ)、夕萌(ゆうもえ)企画中。

最近手伝ってくれている萌(もえ)ちゃんは、気功もお得意。 去年やっていたムーンヨガの流れを活かして、

no image

Herbal Bath Therapy〜クリエイティブな湯治

粟島でのひとノま作りと古民家大掃除で重いものを運んだせいか、腰に来た。 当日はそうでもなかったが、2

山城で座禅&精進料理

阿波踊りもリオオリンピックも寝てる間に過ぎ、すっかり世捨な気分の今日このごろ、皆さんいかがお過ごしで

てヲとるラボってこういうこと

てヲとるラボ・・って何?って、いまだに聞かれるのでご説明しよう。 てヲとるラボ 社会のちょっと困った

コメントを残す

no image
天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録(真鍋 厚)

日本人もイスラム原理主義的な行動をしていた史実。 復古主義的な昨今にも同じ臭がする。 インバウンド消

no image
国会の質問時間「野党長すぎ」日本だけ? 「8対2」他の国でも… – withnews(ウィズニュース)

民主主義って少数意見の尊重も基本だと習いました。 三権分立も怪しい運用の今、憲法改正するなら国民によ

no image
「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモ:朝日新聞デジタル

若者が社会に関心を持って、デモしていること自体に批判する人たちが多いことには、日本の民主主義が根付い

ヨーグルトの木

ヨーグルトの木。 ムーミン谷にありそうな、メルヘンな響きだが、ホントにある。 ブルガリアヨーグルトで

no image
京都市立芸術大学学長の新入生祝辞が素晴らしい!

僕たちには”価値を自ら生み出す”ことに人生をかけたほうがいい。  太平洋戦争の終焉からおよそ半世紀後