*

国防について、調べて、考えてみた

   

沖縄が好きだ。
沖縄を心から楽しめる場所になれるといいと思う。
でも、やっぱり基地の問題は心に引っかかる。
現政権の沖縄に対するアプローチは礼を欠くし、議論の方向も、愛国か否かという頭の悪い二元論で、国防を真面目に考えておらず、礼どころか本質も欠いている。
…、と、いっても、実は自分もそんなに真面目に調べて考えてきたわけじゃない。なので、ここは選挙もあることだし、米軍基地と国防がどう結びつくのか?まじめに考えてみたい。


美しい海

 
基地 

新しく設立された日本版NSC(国家安全保障会議)は有事の際にどう動く?

先日も接続水域(領海に接した12海里)内に中国とロシアの艦船が横断して、新しく設立された日本版NSC(国家安全保障会議)が招集された。これまでと違い、省庁横断的に集められる文民だけでなく軍人も参加する会議は、米国NSAと密接に連携し、その内容は秘密保護法から明らかにしない、という流れだろうと言われている。でてくる具体的なアクションしか国民には見えないが、今回に関して言えば、結局は従来とあまり代わり映えはしなかった。

日本政府は15日、中国海軍の情報収集艦による領海侵入に対し、「抗議」ではなく、「懸念」を伝達するにとどめた。

情報源: 【中国軍艦領海侵入】“わがもの顔”で領海航行 常態化の恐れ、(しかし)見送られた「警備行動」と「抗議」(1/2ページ) – 産経ニュース

普段、勇ましいことを言ってる割には、「あら?」ってな感じ。
内弁慶かしらん?
でも、外交の継続性からいって、政権が変わってもあまりドラスティックに変わらないってことにちょっとホッとしたりする。

国防と安保条約

国防の要は、やっぱり日米安保条約と言っても中身はよく知らないので、調べてみた。
日米安保条約ってたった10条しかない。

外務省サイトに、”解説(和訳ではないとこがミソ)”があるのだけど、原文(英語)だとニュアンスが違う。
※和訳はこっち(外務省サイトに、原文は見つからず、和訳はやっとPDF見つけた)

第5条は、米国の対日防衛義務を定めており、安保条約の中核的な規定である。 この条文は、日米両国が、「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃」に対し、「共通の危険に対処するよう行動する」としており、我が国の施政の下にある領域内にある米軍に対する攻撃を含め、我が国の施政の下にある領域に対する武力攻撃が発生した場合には、両国が共同して日本防衛に当たる旨規定している。
 第5条後段の国連安全保障理事会との関係を定めた規定は、国連憲章上、加盟国による自衛権の行使は、同理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの暫定的な性格のものであり、自衛権の行使に当たって加盟国がとった措置は、直ちに同理事会に報告しなければならないこと(憲章第51条)を念頭に置いたものである。

情報源: 日米安全保障条約(主要規定の解説)

原文はコレ。

Each Party recognizes that an armed attack against either Party in the territories under the administration of Japan would be dangerous to its own peace and safety and declares that it would act to meet the common danger in accordance with its constitutional provisions and processes.
Any such armed attack and all measures taken as a result thereof shall be immediately reported to the Security Council of the United Nations in accordance with the provisions of Article 51 of the Charter. Such measures shall be terminated when the Security Council has taken the measures necessary to restore and maintain international peace and security.

外務省の解説で抜けているのが、 and declare (宣言する)に続く文…
 ”it would act to meet the common danger in accordance with its constitutional provisions and processes” 
(それぞれの国の)憲法条項と手続きに従い、直面した共通の脅威に対して行動する」とあるのだけど、外務省のご解説だと攻撃されたら無条件に「両国が共同して日本防衛に当たる」ようなニュアンス。憲法条項と手続きって、議会の承認てことでしょう、法治国家で民主国家なのだから。
いろいろ調べてみると、「強大な権限を持つ米国大統領が自らの判断で軍を動かせるから大丈夫」だとする意見が、あっち端の人から多く見受けれる。たしかに、戦争権限法というのがあって、有事の際、事前に議会への説明の努力、48時間以内に書面による議会への報告、60日以内に議会の承認を義務づけられているが、米国大統領は軍を動かせる。
ただ、米国大統領は米国の代表。世論や国益をまず第一に考えるだろう。米国に対する直接的な脅威、つまり国内の米軍基地を直接攻撃されないかぎり、実際にどう動くは未知だろう。ポピュリストのトランプが大統領になったら…。
でも、自国民第一は、当然といえば当然。期待し過ぎは、イケマセン。(ロシアは不可侵条約を一方的に破棄してやってきた)

そもそも沖縄の米軍基地って国防に役に立つのか?

そもそも沖縄の米軍基地って国防に役に立つのか?という疑問に、NHKのいい記事を紹介してもらった。
実は、中国と北朝鮮のことを前提としている国防を考えると、地政学的にそしてオペレーション的に”佐世保”がベストという話。兵隊は沖縄でも軍艦は佐世保にあるので、もしもの有事には船で兵隊を”お迎え”に行くっていうことらしい。現実に沖縄の海兵隊は、中東やアフガニスタンあたりの掃討作戦や治安維持のための訓練と派遣のために機能させているので、艦船が佐世保でも問題はない。コレを観ても、日本が想定する中国や北朝鮮との有事のための配備ではないということがわかる。トランプが「用心棒代をもっとよこせ」とか言ってるが、どっちかというと家賃をいただいたほうがいいだろう。

情報源: 視点・論点 「シリーズ・いま沖縄を考える 米軍基地集中の理由」 | 視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

内地人は差別的意識で基地を押し付けているというよりも、単に権力に擦り寄り思考停止状態なのだとは思うが、いずれんせよ、人として恥ずかしいことだ。

多分意外に思われるかもしれないが、僕は、自国を守るための軍事強化は必要だと思ってる。ただ、人員増加とかネトウヨ精神論、米国兵器ショッピングではない。日本的なアプローチで殺人よりも”防衛”のためのハイテク技術開発に予算をかけてほしいと思ってる。それは民間へも技術転移も可能だろうから新産業が産まれるきっかけにもなる。
それに外交的には、米国一辺倒にするってことは、リスクがある。中国という大国と隣接する小さな国なりの巧みな全方位外交戦略も必要。一番まともだと思えたのは、「日中米は正三角形の関係であるべきだ。それがそれぞれの国と世界の安定につながる」と言った、小沢一郎。

党首討論で、頭の悪そうな社会学者に誂われるなんて、屈辱的な人生の黄昏にあるが、僕は応援してる。

今日のL2Gラボ

イエルバ・ブエナがものすごい勢いで大きくなってる。ゴーヤが押され気味なので、ちょっと散髪した。

 -日々徒然, ,

  関連記事

UFOを見た(かも)

I dare say I might be watching ” #ufo &#8221

あ〜、やっちまった(英に続き、日本、そして米も…って流れになるか?)

あ〜、やっちまった。 離脱はしないだろうと高をくくっていたイギリスのキャメロン首相が選択した国民投票

人生に価値(勝ち)?ケケッ…

「ドンッ」と鈍い音がしたのでホームから覗き込むと、綺麗なアオサギが押し花のように線路に横たわっていた

世界は、ミレニアル世代の「自己顕示欲」が社会を揺るがす時代に突入している、のだそう。

ソーシャルアカウントをもち、テレビは見ずにググって情報収集、ネット上の様々な価値観に触れているので、

参院選、党首討論をみて思った

党首討論をみてて思った。 数字のマジックを解いても仕方ない 安倍さんはしきりに数字を上げてアベノミク

あの山は動いている〜中央構造線と地震

熊本の地震、活断層での地震。日本列島が形成されたときにできた、中央構造線の大きな活断層は、ウマバの足

Fight Evil With Love 愛国って?

パリ、ブリュッセル、オーランドと西側諸国で(も)、大量殺人が起きている。アラブ、アフリカ、中南米で、

ヘブン級の心地よさ、ウマバ

徳島市内で用事をこなしてウマバに帰ると・・ほっとする。街では新しい出会いの場所としては必須。神山のよ

no image

国会の質問時間「野党長すぎ」日本だけ? 「8対2」他の国でも… – withnews(ウィズニュース)

民主主義って少数意見の尊重も基本だと習いました。 三権分立も怪しい運用の今、憲法改正するなら国民によ

天皇陛下の”お気持ち”と”赦さない”社会のコントラスト

同調圧力な、似非社会正義感から、赦さない人々が幅を利かせる世の中。 その際たる事件が、相模原事件だろ

  Comment

  1. […] 日本社会全体の課題として、沖縄に米軍基地が国防のためにあるのか?ちゃんと議論しているなんていう周りで政治に関わっている連中の間でさえ、そんな現実は聞いたことがない。 ちょっと前にブログ「国防について、調べて、考えてみた」にも書いたけど、やっぱり単に押し付けているだけではないの?という疑問は常にあるわけさ。 […]

コメントを残す

no image
天皇も「一生の心残り」と悔やんだ、明治政府のある蛮行の記録(真鍋 厚)

日本人もイスラム原理主義的な行動をしていた史実。 復古主義的な昨今にも同じ臭がする。 インバウンド消

no image
国会の質問時間「野党長すぎ」日本だけ? 「8対2」他の国でも… – withnews(ウィズニュース)

民主主義って少数意見の尊重も基本だと習いました。 三権分立も怪しい運用の今、憲法改正するなら国民によ

no image
「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモ:朝日新聞デジタル

若者が社会に関心を持って、デモしていること自体に批判する人たちが多いことには、日本の民主主義が根付い

ヨーグルトの木

ヨーグルトの木。 ムーミン谷にありそうな、メルヘンな響きだが、ホントにある。 ブルガリアヨーグルトで

no image
京都市立芸術大学学長の新入生祝辞が素晴らしい!

僕たちには”価値を自ら生み出す”ことに人生をかけたほうがいい。  太平洋戦争の終焉からおよそ半世紀後